第10回日韓音楽交流会写真集 於_ 長崎

写真をクリックすると拡大した写真を見ることが出来ます


(第1日目)5月26日(土)

n_01

午後、教育学部玄関前で音楽科学生と教員が慶北大学の皆さんの乗ったバスをお出迎え。

n_02

さあ、これから楽しみにしていた交流会の始まりです。

n_03

早速、小会議室で今回の交流会の日程を説明。

n_04

大会議室で兼重学部長による歓迎のスピーチ。

n_05

大学本部前で、学長表敬訪問の後に記念撮影。

n_06

夕方、慶北大学の先生方を稲佐山にご案内。とても気持ちの良い夕暮れでした。

n_07

稲佐山展望レストランで乾杯。一年ぶりの再会に、日本語、韓国語、英語、ドイツ語が飛び交い話がはずみました。

n_08

歓迎夕食会。(於 厚生年金会館)上野学部長補佐、兼重学部長にもご出席いただきました。

(第2日目)5月27日(日)

n_09

沈先生と宮下先生、デュエットのリハーサル。

n_10

慶北大学学生によるヴァイオリン二重奏。

n_11

慶北大学学生によるバリトン独唱。迫力のある歌声にみんなびっくり。

n_12

留学生によるステージ。日本の歌と韓国の歌が披露されました。

n_13

ヴァイオリンの尹先生とピアノの姜先生によるサラサーテのツィゴイネルワイゼン。

n_14

演奏会終了後、ブリックホール交流ラウンジにてレセプション。 記念すべき第10回目の交流会だったので大勢のお客様がご参加下さいました。

n_15

なごやかに数々の思い出とともに。10回目を迎えた日韓音楽交流会。

n_16

この交流会を第1回目から支えて下さった、左から沖本先生、栗田前事務長、古田先生。

n_17

三上先生の新作合唱曲の指揮をして下さった松川先生、それに詩人の麻生恵さん。

n_18

長崎大学学生による、歓迎のコーラス。アリランは原語で歌いました。

n_19

慶北大学学生によるコーラス。声楽以外の学生の皆さんも歌がとても上手でした。

n_20

アンサンブル・ポエムによる「SMAPメドレー」なども飛び出して。

n_21

恒例のプレゼント交換。きれいな貝殻が表面にデザインされた宝石箱をいただきました。

n_22

夕食会の後、出島ワーフで潮風にあたりながら、次回交流会での再会を誓いました。