前回の記事から実に6年ぶりの更新です。長崎大学に奉職して早9年目となりました。この9年間、様々なことがありました。

まず、2011年9月から2012年2月まで渡米し、NYのコロンビア大学大学院(ティーチャーズカレッジ)にヴィジティングスカラーとして在籍し、見聞を深めて参りました。世界各国から志の高い人々が集まり、アメリカンサイズ?ともいえる膨大な宿題を皆必死でこなすべく、図書館に行けばあいている座席は全くなく、皆床に座り込んで勉強している姿は日常的な光景です。授業のディスカッションでは、日本で学生に意見を求めるとシーンと皆うつむいてしまうのに対して、アメリカ(日本以外?)では、「もうこれで最後の人です」といっても、まだ言い足りない人が続出して、白熱していました。その他にも、NYは芸術面において大変恵まれていて、カ-ネギーホール、ニューヨークフィル、オペラ、ミュージカル、メトロポリタン美術館など足繁く通い、世界最高峰を誇る芸術に触れられたことは、至福のひとときでした。もちろん、良いことばかりではなく、苦労した面もありましたが、とてもよい経験をさせていただいたと思っています。

この渡米期間中に、音楽棟の改修工事がありました。そして、美しくなった音楽棟に、待望の「創楽堂」と名付けられた小ホールが完成しました。室内楽やサロンコンサートにちょうど良いホールで、私も2013年2月にリサイタルをさせていただきました。これからも、このホールを大切に守っていって、学生たちもこの舞台から羽ばたいていってほしいと思います。

また印象に残っている音楽活動は、2007年からながさき音楽祭が開催されたこと、そして2009年5月に長崎交響楽団とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を共演させて頂いたことです。

私が長崎大学に赴任した頃に比べると、大学を取り巻く環境は年々厳しいものになっており、最近、この先どうすれば良いのだろうか考えることが多くなりました。来年10年目を迎えるにあたり、まだ不十分な点、やり残していることは多々ありますので、また地道に頑張っていきたいと思います。

2013年7月

プリント

IMG IMG_0001

 

 

活動状況

  長崎大学に赴任して3年目に入ります。今年は、音楽科に新しく西田先生がいらっしゃって、学生の興味、人気が彼に集中しています(笑)。新任のときを思い出して、初心に返る日々です。この間、長崎で本当に多くの演奏会をさせて頂きました。
まず、昨年の4月には、ソロリサイタルをさせて頂きました。準備から演奏まで全てをこなすのは本当に大変でしたが、多くの方々に支えられ無事終えることができました。今年は、日韓音楽交流会がありますので遠慮しましたが、来年あたりにできたらと思っています。   それから、教室コンサートも頑張りました。これは大学生と一緒に県内の小・中学校に出かけていってコンサートを行うもので、これまでに、以下の学校に行きました。
平成17年度 佐世保市立相浦小学校高島分校、長崎市立山里中学校、佐世保市立日宇小学校、対馬市立佐須中学校、対馬市立豆酘中学校 平成18年度 対馬市立鶏鳴小学校、長与町立長与小学校、長崎市立黒埼東小学校、諫早養護学校、島原第一小学校、五島市立福江小学校、五島市立大浜小学校、五島市立崎山小学校 平成19年度(予定) 長崎市立黒埼東小学校、諫早養護学校、長崎市立日吉中学校、平戸市立根獅子小学校 ヴァイオリンを見るのは初めて!という子どもたちも多く、目をキラキラさせながら演奏に聴き入ってくれる子どもたちから、私たちも感動とパワーを頂いています。長崎大学では大学生が演奏できる場面がとても多く、いつも彼等とともに音楽活動ができるのが、何よりの楽しみです。この他にも、ホールや美術館、病院など様々な場所で演奏させて頂き、本当に感謝いたしております。   3年目になると、大学の業務も多くなり、毎日走り回っています。忙しい中にも、自分の本業である、演奏、研究、教育活動を見失うことなく、頑張っていきたいと思います。                                              2007年5月9日

プリント